ai dental clinica

予防歯科

予防・メンテナンスとは

あなたが80才になったとき、ご自分の歯は何本残っていると思いますか?

現在80歳の日本人の残存平均数は7~8本です。

歯は上下で28本ありますから、80歳までに、20本以上の歯を失っているのです。 原因は、虫歯と歯周病、そして咬み合わせです。
本来、80歳の方で約20本前後残っていれば、歯の健康状態は良好といわれています。
一度なってしまった虫歯や歯周病をそのままにしておくわけにはいきませんが、 長期的にご自分の歯を維持するためには、なるべく歯を削らないこと、虫歯や歯周病にしないことが理想です。

北欧などの予防先進国では、実際に80歳でも平均20本以上の歯を健康に維持することができています。

当院では予防を大切にしています。

ホームケア:ブラッシング

ブラッシングとは…?

画像:歯ブラシ

虫歯・歯周病予防で大切なことはプラークコントロール。 プラーク(歯垢)とは細菌の塊のことで、それをコントロールする鍵となるのがブラッシングです。
ブラッシングは、長く続けることが大切です。すぐに効果が出るわけではありませんが、 長い目でコツコツと行うことで、必ず歯を長持ちさせることになります。
医院にて歯磨きのアドバイスを受け、正しいブラッシングを身に付けてください。

  1. 歯ブラシの毛先を磨くポイントにしっかりとあてます。
  2. 力を入れすぎず、軽く磨きましょう。
  3. 歯ブラシは細かく動かします。
  4. 1ヶ所あたり10回~20回程度、磨いてください。

オフィスケア:PMTC

PMTC術前

↓

PMTC術後

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略語で、 「専用の器材を使用したプロによる歯のクリーニング」を意味します。
虫歯や歯周病は細菌感染によって起こります。 歯の表面や歯周ポケット内部のプラークが成熟して形成される細菌が作った膜・バイオフィルムが主な原因です。 バイオフィルムは細菌がフィルム状のバリヤーに覆われているため、生体の防御メカニズムで細菌が排除されないだけでなく、 抗生剤や殺菌剤などの化学療法も効果的ではありません。 PMTCは、このバイオフィルムを除去し、虫歯や歯周病を予防する効果的な方法です。

PMTCの流れ

PMTCの流れ

PMTCの効果

効果1 歯質の強化

効果2 虫歯の予防

効果3 歯周病の改善・予防

効果4 審美性の向上

お子さまの虫歯を防ぐにはお母さんの虫歯予防が大切

お子さまの虫歯を防ぐにはお母さんの虫歯予防が大切

虫歯は、虫歯菌に感染することで起きる感染症の一種。実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌がいないので、感染しなければ虫歯になることはありません。では、どこから感染するのかというと……赤ちゃんの周りにいる「大人のお口」から。とくに、赤ちゃんと一緒に過ごす時間が多い「お母さん」は要注意。口移しで食べ物を与えたり、スプーンやお箸を共有したりすると、赤ちゃんに虫歯菌が感染してしまうのです。

そのため、お子さまの虫歯を予防するには、お母さんご自身の虫歯予防が大切。「子どもが予防歯科に通っているから大丈夫」と思わず、お母さんもきちんと予防歯科に通って虫歯予防の処置を受けましょう。藤沢市弥勒寺の歯医者「あい歯科医院」では、痛みや負担の少ないやさしい虫歯予防をご提案しています。お子さまとご一緒に、ぜひお母さんも当院にご来院ください。

お子様の虫歯予防

フッ素塗布
プラークをきれいに取り除いてから、歯面に直接フッ化物を塗布します。 フッ素は虫歯菌がつくりだす酸の量を弱め、歯の再石灰化を促進する効果があります。
3~6ヶ月間隔で定期的に塗布します。
シーラント
生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいのですが、お子さまは奥歯の溝に磨き残しができがちです。 そのような場合にあらかじめ奥歯の溝を合成樹脂(虫歯治療に用いられるものと同じものです)で埋めて、 細菌や食べかすがつきにくくする予防法です。
だ液検査
お口の中の虫歯菌の量を調べます。 虫歯菌の量は人によって違うので、検査をすることによってどのような虫歯予防対策を行っていけばよいかがわかります。

お電話の方は0466-23-0999までご連絡ください。